ランニングの知っ得情報『ランシル!』 » 【知っ得】ランナー豆知識 » スポーツの秋到来!ランニングを快適に楽しむ為のコツをプロが教えます

スポーツの秋到来!ランニングを快適に楽しむ為のコツをプロが教えます

読了までの目安時間:約 8分

2015-10-18_111209

 

 

食欲の秋、芸術の秋と並んで忘れてはならないのが「スポーツの秋」です。

 

気候もよく、いろんなスポーツイベントなども多い時期であり、スポーツを始めるには絶好のシーズンといえるでしょう。

 

そんなスポーツの秋にランニングを楽しむためにはどんなことに注意すればいいのでしょうか?

 

 

気候から考える

2015-10-18_111329

 

 

地域にもよりますが、一般的に秋は夏の暑い時期を終えて、クーラーも暖房も要らない過ごしやすい季節です。

 

そのことが夏の間、なかなか動き出せなかった身体を動かすチャンスとなりますね。

 

 

運動していても暑すぎず寒すぎずとても気持ちのいい時期です。

 

「1年中こうだったらいいなぁ」と思ってしまいますが、すぐ後ろには冬を控えているので日によっても気温の差が大きかったり、1日の中でも寒暖の差の大きさを感じることもしばしばですね。

 

 

快適な反面、少し油断していると風邪を引いたり、体調管理が難しい時期でもあるのです。

 

ランニングに関していうとウェアの選択も難しいと言えるでしょう。

 

 

ウェアから考える

2015-10-18_191322

 

 

秋というのは立秋から立冬の前日まで、日本においては俗に9月から11月の3ヶ月を指しています。

 

上述の通り気温の変動も激しい時期なので、ウェア選択も迷ってしまうことも多いでしょう。

 

 

春や夏の暖かい時期はそれほど気にしなくてもいいことなのですが、秋は心地よい時期であるのと同時に「冷え」対策もしておかなければなりません。

 

 

夏はTシャツだけでよかったのですが、秋はいろいろと複雑そうです。

 

走る前は寒い、走り出すと暑い、走り終わったら汗冷えのリスクがあります。

 

どう対応すればいいでしょうか?

 

 

状況ごとに考える

2015-10-18_191517

 

 

秋晴れの暖かな日はTシャツや長袖シャツ程度でいいと思いますが、徐々に寒くなってきたら対策を考えておきましょう。

 

ランニング前

日によってあたたかい日もあれば、寒い日もあるでしょう。

 

Tシャツ1枚では寒いと思う日は、薄手のウインドブレーカーや長袖シャツをインナーとして着用することをおすすめします。

 

アップやストレッチで身体が冷えてしまっては意味がないばかりか故障の原因にもなってしまいます。

 

 

ランニング中

気温が多少低くても、走っていれば徐々に汗ばむほど身体がポカポカになってきますね。

 

上に着ていたウインドブレーカーなどは脱いで走りましょう。

 

小さく折りたためるものであれば折りたたんで収納、そうでなければ腰に巻きつけておくのもいいですね。

 

 

ランニング後

ランニングによってポカポカ温まっていた身体が徐々に冷えてきます。

 

汗をかいたままでは汗冷えで体温を奪われる危険がありますので、こまめにタオルで拭ったり、早めにウインドブレーカーなどの上着を着ましょう。

 

そのためにも携帯できる薄手の上着が重宝しますね。

 

 

このように、ランニング前後で、身体を冷やさないための工夫が必要になるのが秋のランニングで注意すべき点でしょう。

 

 

ウェア対策のコツは「重ね着」

2015-10-18_194342

 

 

秋は1日の中でもそうですし、ご紹介したとおり走る前後でも調節が必要です。

 

また、目まぐるしく気温が変わったり、風が吹き付けるだけでも体感温度が大きく変わる時期です。

 

 

ランニング用の薄手のウインドブレーカーを出来れば2枚準備しましょう。

 

そして、寒かったら1枚着る、それでも寒かったらもう1枚着る、逆に脱いでTシャツ1枚では寒いというときには1枚脱ぐ、暑ければ2枚とも脱ぐという感じでこまめな体温調節が可能になります。

 

 

これを綿が入っているような厚手のウインドブレーカーを着ていると、着ると厚い、脱ぐと寒い!ということで走る気持ちやパフォーマンスまで低下させてしまう原因にもなりかねません。

 

 

ランニングのときには薄手のウインドブレーカーを重ね着して上手に調節、応援やスポーツ観戦などのときには厚手のものでしっかり防寒と使い分けるようにしましょう。

 

寒い地域ではネックウォーマーやニット帽なども準備しておく必要があるでしょう。

 

 

持っておくといいグッズ

 

2015-10-18_220428

『ファイントラック ドライレイヤー』

 

 

夏以外は私も着用しています。

 

インナーに着ておくだけで、かいた汗を上に着ているシャツに移行させて汗戻りさせない機能があるため、汗冷えを防止するとともにドライ感を保ってくれます。

 

これはランニングにおいてかなり快適で、吸湿速乾素材のシャツと合わせれば最強です。

 

 

また1枚着ておくだけで多少防寒にもなるように思いますし、雨の日も快適です。

 

山登りをする方には汗冷え防止の観点から有名なインナーですが、ランニングでも快適さは同じです。

 

 

 

 

 

まとめ

2015-10-18_220809

 

 

スポーツの秋にランニングを始めるのはとてもいいタイミングでしょう。

 

しかしながら、多くの汗をかくランニングではその体温調節などによっては、せっかく始めたのに体調壊したり、風邪引いてばかり…なんてことになってしまい、嫌気が差してやめてしまうことは避けたいところです。

 

 

少し注意したウェア選択で、より快適に「スポーツの秋」を楽しめると思います。

 

あなたのランニングライフの始まりを安全に演出しましょう。

 

 

 


Sponsored Link

 

この記事に関連する記事一覧

ライター情報



走りのプロとして、また同じランナーとして自身の経験や日々の指導現場からのフィードバックを活かし、あなたにとってお役に立つ情報を発信しています。

⇒プロフィール詳細はこちら
人気記事Rank!
カテゴリー
最新記事
 
OCO注文