ランニングの知っ得情報『ランシル!』 » 【知っ得】ランナー豆知識 » ランニングで痩せない!?増える食欲を抑えるたった一つの簡単なコツ

ランニングで痩せない!?増える食欲を抑えるたった一つの簡単なコツ

読了までの目安時間:約 7分

2016-02-15_191534

 

 

ダイエットのためにランニングを始めたのに思ったほど痩せない…あるいはある時期から全く痩せなくなったという方は多いのではないでしょうか?

 

もしかしたら食欲をコントロールすることで現状から抜け出せるかもしれませんよ!?

 

運動に比例して増える食欲をコントロールするコツをご紹介しましょう。

 

 

ランニングを始めて食欲に変化がありませんか?

2016-02-15_191929

 

 

あなたは、「今日は30km走ったから少し多めに飲み食いしても大丈夫だろう…」あるいは「今日は頑張ったご褒美だ!」とつい食べ過ぎたり、お酒を飲みすぎたりした経験はありませんか?

 

 

実はこれは正常な身体の反応だと言われており、きつい運動をした見返りを脳が本能的に求めているのだと言われています。

 

もちろんそこでセーブできる人もいる一方で、ついご褒美という甘い言葉に負ける人もいるのです。

 

私もですが…。

 

 

人間が食事を摂る理由は、大きく分けて「エネルギー補給」と「体の形成」の2つです。

 

ランニングのような運動を始めることで、これまでよりもエネルギーが消費されるようになると「もっとエネルギーを補給しないと!」という生体の本能が働き、食事量が自然と増えてしまうのです。

 

 

「いや、そんなことはないよ!」という方でも、ランニングを始めたことで夕食の時間が遅くなったり、間食が増えたりということはありませんか?

 

痩せられないという方の多くは無意識のうちに食事量が増えていたり。

 

不規則な時間に食べていたりする可能性があるのです。

 

 

そもそもランニングで消費するカロリーとは?

2016-02-15_192856

 

 

ランニングによる消費カロリーは、最も分かりやすい計算式で言えば【体重×走った距離】で表されます。

 

例えば体重60kgの人が10km走ったら600kcalのカロリーを消費します。

 

600kcalというとスナック菓子でも食べようものなら一瞬で、また普通にラーメンや定食を食べても軽くオーバーしそうですね。

 

プラスお酒が入ると完全にオーバーでしょうか?

 

 

つい、「走ってるから…」「また走れば消費するから…」などと思ってしまい、食べ過ぎているケースもあるようです。

 

それがうまく消化されているうちは問題ないのですが、カロリー摂取と消費のバランスに乱れが生じてくるといつの間にか走って消費したカロリー以上の食事をしてしまっているということですね。

 

 

自分がいつも行っているランニングだけで消費するカロリーがどの程度なのか?

 

意識しておくことも重要なことです。

 

そうしないと、ランニングによる達成感はその感覚を麻痺させてしまうこともあるようなのです。

 

 

食べすぎ防止には食べたものを記録する

2016-02-15_193126

 

 

人間は本能には弱いもの。

 

まして食欲という生活するうえで基本となる欲求をコントロールするのは難しいのです。

 

だから食事だけのダイエットがなかなかうまくいかないのはご承知の通りですね。

 

 

意識してないけど気付いたら食べ過ぎてた…ということも往々にしてあります。

 

そこで、食べ過ぎ防止には食べたものを記録しておくことが有効だと思います。

 

レコーディングダイエットというダイエット法がありますが、その日食べたものをメモしておくだけという手軽な方法なので出来ないことはないでしょう。

 

 

そして、おおよその摂取カロリーを計算して記録することで、思った以上に食べていることに気付いたりするというものです。

 

そして自分の基礎代謝+運動量と食事から摂取しているカロリーを比較してみましょう。

 

 

記録するという単純なことを習慣に出来れば、食べ過ぎそうになったときにブレーキが効くはずですよ。

 

 

まとめ

2016-02-15_193334

 

 

いかがでしょうか?

 

ランニングにより食欲が増してしまうのは抑えようのない生理機能のようです。

 

であれば、自分で適正な食事量を意識することが大切になってきます。

 

本能のまま、食べているとダイエットのために走り始めたのに太ってきたり、痩せないということになりかねません。

 

 

まずはランニングの継続と食事の記録を新習慣として始めてみませんか?

 

そのことによってコントロールが効くようになると、思ったような効果を得ることが出来るでしょう。

 

 

 


Sponsored Link

 

この記事に関連する記事一覧

ライター情報



走りのプロとして、また同じランナーとして自身の経験や日々の指導現場からのフィードバックを活かし、あなたにとってお役に立つ情報を発信しています。

⇒プロフィール詳細はこちら
人気記事Rank!
カテゴリー
最新記事
 
OCO注文