ランニングの知っ得情報『ランシル!』 » 【知っ得】ランナー豆知識 » 夏だけじゃなく冬も!?意外と知らないランニングの紫外線対策!

夏だけじゃなく冬も!?意外と知らないランニングの紫外線対策!

読了までの目安時間:約 8分

2015-09-08_140446

 

 

女性ランナーの数が増えるにつれて、クローズアップされてきた問題点として「紫外線」があります。

 

単に日焼けするだけではない紫外線によるダメージを正しく理解して、対策を講じることでダメージも最小限に抑えることが出来るでしょう。

 

特に女性ランナーは必見です!

 

 

紫外線とは?

2015-09-08_140607

 

 

私たちを照らす太陽の光には目に見える可視光線と、目に見ることの出来ない赤外線や紫外線があります。

 

光のスペクトルで紫より外側になることから紫外線と呼ばれています。

 

英語ではUltravioletと呼ばれており、通称「UV]です。

 

 

目に見えない光の中でも紫外線は最も波長が短く、その波長の長さによって、UVA、UBV、UBCに分けられます。

 

実際に地表まで届くのは、UVAとUVBなのでまずはこの2つの紫外線の特徴から確認しましょう。

 

 

UVAとUVBの特徴とダメージについて

2015-09-08_140854

 

 

UVA(A紫外線)

太陽から届く紫外線のうち90%を締めるのがUVAです。

 

急激な肌へのダメージはないのですが、徐々に蓄積してダメージを与えるという特徴があります。

 

肌組織の奥深くまで浸透して老化を促進したり、肌を黒くしたりと有難くないダメージがあります。

 

 

UVB(B紫外線)

太陽から届く紫外線のうち10%しかないのですが、肌へ強い作用を与えるため、いわゆる日焼けの原因となる紫外線です。

 

炎症やしみを引き起こすほど肌細胞やDNAなどに対する作用が強く、メラニン色素を酸化させる作用もあるので肌が黒ずんできたりと、特に女性には有難くない作用があります。

 

 

紫外線対策はいつやるといいの?

2015-09-08_141221

 

 

主に屋外でランニングを楽しむ場合は、いやおうなく太陽の光に晒されるため、早朝や夜に走るという方も多いでしょう。

 

しかしながら日が出ているうちは紫外線は降り注いでいると思って対策をする必要があります。

 

特に夏場だけ気をつけてという方もいらっしゃるかもしれませんが、特にUVAは、冬でもピーク量の1/3~1/2ほどの量が降り注いでいます。

 

 

また時間帯別に見ても、日中だけではなく夕方まで紫外線の量は減りません。

 

そして上からだけではなく反射によって地表からも降り注いでいるので紫外線に包まれていると言っても過言ではないでしょう。

 

つまり紫外線対策は特定の時期だけではなく、1年中かつ全方向やらないといけないということですね。

 

 

『ランニングと紫外線』注意すべき点とは?

 

2015-09-08_142126

 

 

紫外線対策としては、ウェアやグッズでUVカット加工がしてあるものを選ぶといいですね。

 

ウェアの素材でもポリエステル製は元々UVカット機能を持っているので、汗対策に加えてランニングウェアで広く採用されています。

 

 

サンバイザーよりもつばの広い帽子がベスト

ファッショナブルなサンバイザーやキャップも紫外線対策としては万全ではありません。

 

しっかり日差しを遮ることが出来る帽子がいいでしょう。

 

 

ランニングウェア

汗をたくさんかくことから、開口部の広いデザインのウェアも多いと思います。

 

汗を逃したり通期面での快適性も大切なので露出する部分にはしっかり日焼け止めを塗っておきましょう。

 

 

素材・色など

素材はポリエステル製がいいと思います。

 

あと薄い色や薄い素材はそれだけ紫外線が通過しやすくなりますので意識して選ぶことも必要です。

 

 

目を守る

紫外線は皮膚だけではなく目にも作用します。

 

日差しの強いときはサングラスなどで保護しておきましょう。

 

長時間に及ぶ露出は白内障との関わりも無視できないようですのでご注意を。

 

 

これだけはやろう!紫外線対策

2015-09-08_170158

 

 

日焼け止めクリームを塗る

露出している部分はもちろんのこと、忘れがちな耳やうなじ、手の指の間、足首なども塗っておきましょう。

 

そして汗をかいたりタオルで拭いたりすることで効果が薄れることもありますので、長時間のランニング時には途中で塗りなおすことも考慮しておくことが大切です。

 

 

ビタミンCの摂取

外部の防御は上述のとおりですが、紫外線対策は体内からもすることでより効果的になります。

 

紫外線のダメージ防止にいいとされているビタミンCを食事やサプリメントなどからしっかり摂取する習慣をつけましょう。

 

 

肌の保湿

ランニングにより大量の汗をかいたり、紫外線を浴びることは肌の水分を奪い乾燥させることにつながります。

 

保湿クリームなどで水分をしっかり補充・保湿して肌にとっていい状態をキープしておくことも忘れずに。

 

 

まとめ

2015-09-08_170602

 

 

男性はあまり紫外線対策を講じていないのでダメージがひどく出そうですが、暑い夏の日でも極力肌を露出せずに走っている女性ランナーをよく見かけます。

 

きっと暑いはずですが、身体や肌のダメージを考えると正しい対策といえますね。

 

紫外線は年中、四方八方からあなたへ降り注いでいます。

 

 

いつまでも美しい肌、新鮮な肌を維持するためにも面倒がらずに紫外線対策を行いましょう。

 

そしてランニングを継続することで身体の中からキレイになり、中身も見た目も美しい美ジョガーへと進化するあなたに周りのランナーも一目置くはずです。

 

 

 


Sponsored Link

 

この記事に関連する記事一覧

ライター情報



走りのプロとして、また同じランナーとして自身の経験や日々の指導現場からのフィードバックを活かし、あなたにとってお役に立つ情報を発信しています。

⇒プロフィール詳細はこちら
人気記事Rank!
カテゴリー
最新記事
 
OCO注文