ランニングの知っ得情報『ランシル!』 » ウォーキング関連 » あなたはご存知?ウォーキングにまつわる6つの知って得する豆知識

あなたはご存知?ウォーキングにまつわる6つの知って得する豆知識

読了までの目安時間:約 7分

2015-12-16_200544

 

 

日本で最も愛好家が多いスポーツであるウォーキングですが、それだけにいろんな情報が飛び交っています。

 

いろんな情報の中から、日々のウォーキングに役立ちそうなものや興味深いものをピックアップしてみました。

 

 

あなたのウォーキングをより充実させてくれるのはどの情報でしょうか?

 

 

①ウォーキングとジョギング・ランニングの違いって?

2015-12-16_200859

 

 

いわゆる「歩き」と「走り」の違いのことですが、その動作だけでなく定義があるのです。

 

●歩く…どちらか片足が常に地面に着いている状態
●走る…両足が宙に浮く瞬間がある状態

 

と定義されています。

 

 

また、ジョギングはおしゃべりをしながら走れるペース、ランニングはそれ以上のスピードという分類が一般的です。

 

 

②ウォーキングの身体に対する衝撃は?

 

2015-12-16_201255

 

 

よくランニングでは体重の3倍の衝撃が身体にかかると言われます。

 

①で書いたとおり、片足が地面に着いて身体を支えているウォーキングでは、およそ体重の1.5倍の衝撃がかかると言われています。

 

 

単純に片足で身体を支えているか、両足が離れてジャンプの繰り返しになっているか?その違いが反映した結果になっているようですね。

 

いずれにしても、十分なウォーミングアップ・ストレッチが大事です。

 

 

③適切な歩幅はどれくらい?

2015-12-16_202003

 

 

ウォーキングで使われる計算式として、最もメジャーで簡単なものに[身長-100cm]というものがあります。

 

身長が165cmの方であれば、[165cm-100cm=65cm]となり、65cmが適正なウォーキングの歩幅となります。

 

 

またウォーキングのスピードによって係数をかける計算式もあります。

 

ゆっくりだと[身長×0.4]、普通のスピードだと[身長×0.45]、速歩きで[身長×0.5]というものです。

 

引き算と掛算のゆっくりが同じくらいになりますね。

 

 

④むくみから開放される

2015-12-16_202136

 

 

ウォーキングをするとむくみが取れやすくなります。

 

運動をしないと筋肉も動かしませんから、血液やリンパ液の循環も滞ります。

 

その結果、むくみが出てくるわけですからウォーキングで筋肉を稼動させることはとても重要です。

 

 

特にふくらはぎの筋肉の稼動により血液の循環が改善するだけでなく、着地により全身にある約半数の筋肉と連動していると言われる足裏の足底筋も鍛えられますので、むくみ解消にいいのです。

 

 

⑤水分補給はスタート前から始める

2015-12-16_202413

 

 

特に夏場は発汗量も多く、脱水しやすいのでしっかりと給水を取る習慣をつけましょう。

 

とはいえ、夏場は自然と給水が増えるのであまり問題ないのですが、涼しくなったり寒い時期には給水をあまり取らない方もおられます。

 

目に見えて汗をかいていなくても、汗は出ていますので計画的な給水は必要です。

 

 

のどが渇いてからでは遅いので、まずはスタート前30分くらいまでに300ml~500ml程度の水分を飲んでおきましょう。

 

そして、ウォーキング中は20分くらいを目処にのどの渇き云々に関わらず1回100mlくらいの給水を心がけることが大切です。

 

 

運動時間が30分を超えるようであれば、水ではなく電解質補給が出来るスポーツドリンクを飲むことをおすすめします。

 

濃い場合は顆粒を希釈して作るといいでしょう。

 

 

⑥姿勢のポイントは『気をつけ』

2015-12-16_202904

 

 

誰でも知っている「気をつけ」これが姿勢の基本になります。

 

足首からひざ、腰、肩、耳は一直線になるよう立ってみましょう。

 

出来れば両足のつま先・かかともつけてください。

 

 

なかなか自分で姿勢を確認するのは困難ですから誰かに確認してもらうのもいいですね。

 

自分ではまっすぐのつもりでも、猫背や反り腰になっている方も多いものです。

 

 

その姿勢で目線を、前方15m~20mくらい先の路面に定めて歩いてみましょう。

 

背筋を伸ばして歩くと歩きやすいことに気付くはずですよ。

 

わかりにくい方は床に寝てみてください。

 

 

まとめ

2015-11-30_214014

 

 

ウォーキングのマメ知識をいくつか集めてみました。

 

せっかくウォーキングするなら効率よい方法で行いたいものです。

 

いまや情報はいくらでも簡単に収集できる時代です。

 

 

危険なものでなければ積極的に試してみて、自分に合うかどうか?ウォーキングがしやすいかどうか?確認してみましょう。

 

 

 


Sponsored Link

 

この記事に関連する記事一覧

ライター情報



走りのプロとして、また同じランナーとして自身の経験や日々の指導現場からのフィードバックを活かし、あなたにとってお役に立つ情報を発信しています。

⇒プロフィール詳細はこちら
人気記事Rank!
カテゴリー
最新記事
 
OCO注文