ランニングの知っ得情報『ランシル!』 » ケガ・故障について » 【ランニングとまめ(肉刺)について】どうすれば防げるの?原因とできた時の対処法

【ランニングとまめ(肉刺)について】どうすれば防げるの?原因とできた時の対処法

読了までの目安時間:約 7分

2016-04-01_090121

 

 

ランニングをしていると足や足指にマメが出来ることがあります。

 

あるいは一定以上の距離を走ると出来ると言う人もいます。

 

 

まめが出来ると地味に痛くて嫌ですよね?

 

まめを作らないようにするにはどんなことに気をつけるといいのでしょうか?

 

 

 

そもそも”まめ(肉刺)”とは?

2016-04-01_090402

 

 

まめとはひとことで言うと”低温火傷”の一種であり、繰り返される摩擦によって生じます。

 

最初は赤くなる程度のものが、そのうち皮膚と皮下組織の間にズレを生じさせることでその隙間に体液が溜まります。

 

 

そこまでの状態になると、ぷっくりとした水疱となって見た目にもはっきりと認識できます。

 

私もフルマラソンまでは出来ませんが、ウルトラマラソンを走った後はたいてい1,2つ出来ていますので、摩擦の継続によって起こるという証明ですね。

 

 

まめができる4つの原因とは?

2016-04-01_091609

 

 

1. シューズが合っていないこと

最も大きな原因はここにあると考えられます。

 

シューズがきついと同じ場所が圧迫されて血流停滞が起こりますし、逆に大きいとシューズの中で足が遊んでしまい擦れることでまめが出来ます。

 

 

いずれにしても、足型測定などを行ったうえで自分の足にフィットするシューズを履くということは、ランニングを行うための大前提と言えるでしょう。

 

 

2. ソックスのしわを伸ばしていない

ランニングシューズを正しく履く手順の中に、”ソックスのたるみをとる”というものがあります。

 

ソックスにしわが寄っている状態で履いていると、しわの部分に圧力がかかり続け、まめが出来やすくなると言われています。

 

 

必ずシューレースを締める前にソックスをしっかり引っ張って、しわが寄らないようにしてから履くクセをつけることも大事です。

 

 

3. ランニングシューズ内の蒸れ

多くのランニングシューズでは、アッパーにメッシュ素材を多用して通気性を高める努力がなされています。

 

ただすべてのシューズがそうではないことと、長時間のランニングによりどうしても蒸れは発生してしまうことがあります。

 

 

乾燥している状態よりは、まめが出来やすい環境と言えますので、シューズ選びの際には通気性にもチェックしたいところですね。

 

 

4. シューレース(靴紐)の締め過ぎ

圧迫し続けても、擦れ続けても肉刺は出来やすい特徴があります。

 

シューレースを必要以上にきつく締めているとその部分の血流が悪くなり、肉刺が出来やすくなることも考えられます。

 

 

適度に足の甲とシューズのアッパーが密着するようなテンションで締めることが大事なので、今一度確認してみましょう。

 

 

肉刺が出来たときの対処法

2016-04-01_092114

 

 

例えばランニングシューズが合っていないとしても、簡単に買い換えられないケースも多々あると思います。

 

応急処置として以下のような対処法で乗り切れる場合もありますので参考にしてください。

 

 

ジェルプロテクターを使う

2016-04-01_092434

出典:http://kgfreeguide.com/

 

 

特定の部位にいつも出来るようであれば、あらかじめジェルを含有したテープを貼っておくことで摩擦が軽減される効果があります。

 

 

 

5本指ソックスの活用

2015-10-21_192554

 

 

足指の間などに肉刺が出来やすい方は、5本指ソックスの使用も検討するといいでしょう。

 

足指1本1本が独立することで、指の間の摩擦を大幅に軽減することができます。

 

 

ワセリンを塗っておく

2016-04-01_093006

 

 

まめの後発部位に、ワセリンや専用のクリームを塗っておくことで肉刺を出来にくくします。

 

 

テーピングする

2016-04-01_093100

 

 

物理的にテーピングにより皮膚をカバーしてしまうことで、摩擦から守ります。

 

 

まとめ

2016-04-01_093250

 

 

まめが出来ると痛くなるし、つぶれると治るまで処置が大変ですね。

 

なるべく出来ないように対策を打ちながらランニングを楽しみましょう。

 

 

根本的にはランニングシューズをしっかり選ぶことが必要ですし、フォームも無関係ではありません。

 

足にあったシューズと正しいフォームでまめを撃退してしまいましょう。

 

 

 


Sponsored Link

 

この記事に関連する記事一覧

ライター情報



走りのプロとして、また同じランナーとして自身の経験や日々の指導現場からのフィードバックを活かし、あなたにとってお役に立つ情報を発信しています。

⇒プロフィール詳細はこちら
人気記事Rank!
カテゴリー
最新記事
 
OCO注文