ランニングの知っ得情報『ランシル!』 » ケガ・故障について » 【足の甲が痛い】考えられる3つの原因と特に注意すべき疲労骨折の存在

【足の甲が痛い】考えられる3つの原因と特に注意すべき疲労骨折の存在

読了までの目安時間:約 6分

2016-04-01_094327

 

 

ランニングによる足の甲の痛みを訴える方もいらっしゃいます。

 

どちらかと言うと少数派の部位の痛みなのですが、場合によっては疲労骨折のリスクもあったりして痛みを発症すると不安なものです。

 

その原因と対策について考えてみましょう。

 

 

 

足の甲が痛くなる3つの原因とは?

2016-04-01_094705

 

 

1. シューレース(紐)の締め過ぎによるもの

単純にシューレースを締め過ぎていて血流が悪くなり、痛みや痺れが出ることがあります。

 

足の甲とランニングシューズのアッパーをぴったりフィットさせることは大切なことですが、締めすぎると良くないということですね。

 

この場合は適度なテンションに締めなおすことで改善されるケースが多いでしょう。

 

 

2. ランニングシューズが合っていない

いま履いているランニングシューズがあなたの足にフィットしていないことも原因として考えられます。

 

特に足幅は普通でも甲高な方などで、シューズがパンパンになっていたり、シューレースが広がりすぎて結びにくいくらいに短くなっているケースなどは要注意です。

 

 

足型測定などを活用して今一度自分の足に合ったランニングシューズを探すことからやらないといけない可能性があります。

 

 

3. 中足部の疲労骨折

最も重症なものとして、中足部の疲労骨折による痛みがあります。

 

原因としては走りすぎによるもののほかに、脚のバネが十分鍛えられていない状態で、ベアフット系のシューズを履いて長距離を走ったりということも考えられます。

 

 

特に裸足感覚を呼び戻すベアフットランニングは、ランニングシューズのクッションではなく脚をクッションにして走るため、芝生などで短い距離から少しずつ足を鍛えていく必要があります。

 

※過去記事参照

(⇒安全?危険?裸足ランニングの注意点と知っておきたいメリットデメリット!

 

 

その手順を踏まず、脚が出来ていないのにいきなり走ってしまったりすると、着地がフォアフットになっているため中足部への負荷が高まり、度が過ぎると疲労骨折を招くのです。

 

 

ベアフットランは人間本来の走り方をマスターするのですが、普段ランニングシューズに守られている私たち波中足部が弱いと言われており、最も多い故障が中足部の疲労骨折とされているのも頷けますね。

 

 

疲労骨折の特徴とは?

2016-04-01_095153

 

 

疲労骨折とは、骨が折れたわけではなくヒビが入っている程度の状態のため、認識しづらいのが特徴でしょう。

 

また、痛みが強くないけど引かないというケースも多く見受けられます。

 

 

しかし、気をつけなければ折れやすくなっているので、それほど強い力ではなくても簡単に骨折にいたることもありえます。

 

大きな木を切るときにも切れ目を入れますよね?

 

 

気付かずに痛みと共存しながら走ってしまうことも多いと考えられますが(私は疲労骨折した際には1ヶ月くらい気付かず走ってました。初ハーフも知らぬままその状態で走りました…笑)、どうも長びくな?と思ったら病院でレントゲンなどを撮る事をおすすめします。

 

 

重症化すると歩行にも障害が出てきたりして、日常生活動作にも支障がありますからね。

 

 

足の甲の痛みを感じたら…休むこと!

2016-04-01_095408

 

 

足の甲に違和感や痛みを感じたら、まずは走るのをやめて様子をみましょう。

 

単純に負荷がかかっているだけであれば、1日~数日のうちに症状は消失するでしょう。

 

問題なのは、1週間くらい経過しても痛みが引かない場合です。

 

 

その場合は、疲労骨折を疑って病院へ行きましょう。

 

軽度なものであれば、芝生や土などの柔らかい路面でウォーキングや軽いランニングをしていいよと言われることも多いようです。

 

 

まとめ

2016-04-01_095708

 

 

足の甲の痛みについて検証してみましたが、適切な練習量、適切にフィットしたランニングシューズ、自分の脚力以上の走りをしないことが肝要です。

 

裸足ランニング、ベアフットランニングを取り入れる場合も徐々に慣らしていく意識を忘れずに。

 

 

いくつかの症状の中でも中足部を疲労骨折してしまうと、治るまでの時間も長くなりますのでストレスも溜まるかもしれません。

 

快適に走れるように日頃から適正なランニングを心掛けましょう。

 

 

 


Sponsored Link

 

この記事に関連する記事一覧

ライター情報



走りのプロとして、また同じランナーとして自身の経験や日々の指導現場からのフィードバックを活かし、あなたにとってお役に立つ情報を発信しています。

⇒プロフィール詳細はこちら
人気記事Rank!
カテゴリー
最新記事
 
OCO注文