ランニングの知っ得情報『ランシル!』 » 【知っ得】ランナー豆知識 » 始めてみる?通勤ランを是非ともすすめる4つの注目すべき理由!

始めてみる?通勤ランを是非ともすすめる4つの注目すべき理由!

読了までの目安時間:約 6分

2015-10-09_210003

 

 

あなたの周りに通勤ランしている人はいますか?

 

就業時間が終わるやいなや、おもむろにランニングウェアに着替えて家まで走って帰る、あるいは出勤時も会社まで走ってくるケースもありますね。

 

通勤ランには一体どんなメリットがあるのでしょうか?

 

 

1.時間の有効活用になる

2015-10-09_210144

 

 

朝ランは起きるのが辛いし、夜は家に帰ってきてから走りにいくのは残業などで予定通り行かないことも多いし…なんて悩みは一度は経験している方が多いのではないでしょうか?

 

 

「走ろうと思っているし、走らないといけないとも思ってるけど走る時間がない!」というあなたには通勤ランは最適でしょう。

 

仕事で通勤している方で環境が許すのであれば、出勤あるいは帰宅、もしくはその両方を車や公共交通機関に頼らずに走ってしまえばいいのです。

 

 

そうすることで、これまで当たり前に通勤に費やしていた時間も貴重な練習時間と変身するのです。

 

同じ時間を使って大きな差が出るかもしれません。

 

あなたは今、往復でどのくらいの時間を使ってますか?

 

 

2.ランニングの習慣化

2015-10-09_211611

 

 

ランニングしながら会社へ行き、仕事して、帰りもまたランニング、家に帰ったらのんびり晩酌。

 

なんてパターンが出来上がるとランニングが生活の一部となり時間がないというジレンマから開放されるのです。

 

 

そして、ランニングが習慣化されると必然的に月間の走行距離なども増えてきますから、相応に走力も高まってくるのです。

 

例えば、会社までの距離が7kmであれば片道ランでも1日7kmは走れます。

 

月間20日走ったとするとそれだけで140kmもの距離を走ることになります。

 

往復ランなら280kmですね。

 

 

3.お小遣いアップ効果!?

2015-10-09_212210

 

 

電車やバスを使わずに走って通勤するとなれば、基本的に交通費はタダになりますね。

 

うまくいけば?そのお金を通勤ランに使うグッズやシューズ購入などに充てることも出来てしまいます。

 

走る回数や距離が増えるのでそれに応じた買い替えも出てきますから、走る距離が多くなると経済効果が???なケースも出てきますが。

 

 

走る習慣がついて健康的な身体になっていけば病気にもかかりにくくなります。

 

またこれまで通院していた人も通院要らずになったりと、ランニングによる健康向上効果でご自身の医療費も削減される効果も期待できますね。

 

通勤ランは家計にもやさしいのです。

 

 

4.コース設定は自由自在

2015-10-09_212606

 

 

途中できつくなったら電車やバスに乗るもよし、負荷をかけたい日は坂道の多いコースを走るなど、その日の状態や目的によってコースを自由に変更できるのもいいですね。

 

 

また普段通らないコースを走ることで、思いがけず素敵なカフェを見つけたり、前から探していた店を発見したり、古い友人に会ったりなど何があるかわからない楽しみもあります。

 

 

時間に余裕がある日は、わざと遠回りして距離を踏んだり…思い切って家を通り過ぎてみるとか?

 

あなたの思い通りにメニューを組むことが出来ますので、体調管理とあわせて理想の練習となりますね。

 

 

出勤時は時間の余裕がないと思いますが、帰宅時は少し余裕をもって取り組むことが出来そうですね。

 

 

まとめ

2015-10-09_213255

 

 

通勤ランを生活の中に取り入れることで、それまでの1日と同じ時間でも中身が大きく違ってくると思います。

 

時間は有限の資源であることを考えると、出来る限り効率のよい時間の使い方をしたいというのはみな同じでしょう。

 

 

もちろん会社で着替えられるとか、シャワーがあるとか?その環境面にも左右されるところはありますが、まずは、週末だけ走って帰るとか、飲み会の日は走っていくといったようにゲーム感覚で通勤ランに触れてみるところからスタートしてみてはいかがでしょうか?

 

新しい発見があなたを待っているかもしれませんよ?

 

 

 


Sponsored Link

 

この記事に関連する記事一覧

ライター情報



走りのプロとして、また同じランナーとして自身の経験や日々の指導現場からのフィードバックを活かし、あなたにとってお役に立つ情報を発信しています。

⇒プロフィール詳細はこちら
人気記事Rank!
カテゴリー
最新記事
 
OCO注文