ランニングの知っ得情報『ランシル!』 » メンタルについて » メンタルコントロールにヒントあり?頑張るあなたの強力な応援団『ランナーズハイ』について

メンタルコントロールにヒントあり?頑張るあなたの強力な応援団『ランナーズハイ』について

読了までの目安時間:約 6分

2016-04-01_095708

 

 

ランナーズハイという言葉を聞いたことがありますか?

 

マラソンレース中などに苦しくてもうだめだと思っていたはずなのに、急に苦痛から開放されて別人のように走り続けられたり…。という風な状態に代表される不思議な現象です。

 

ランナーズハイは頑張るあなたへのプレゼントとなりうるのか?

 

 

ランナーズハイってなに?

2016-07-09_220455

 

 

きつい、苦しいの先にはリタイアの文字がチラホラするものです。

 

しかし、突然、どこまでも走り続けられそう、何時間でも走っていたいという気持ちになり、身体もウソのように動き出すことがあるのです。

 

 

私も、初サブ4を達成した熊本城マラソンのときに経験しました。

 

そのときは、全後半ハーフのタイム差が2分とほぼイーブンペースで走れたのですが、通常失速するであろう30km、35kmを過ぎても全くペースが落ちず、むしろ最後の数キロはビルドアップしてゴールしました。

 

 

ラスト1kmは熊本城内の坂道を駆け上がるのですが、今考えても41kmほど走ってきてラスト1km登り続けるコースをペースを上げながら、、、今やれといわれてもとても無理かな?

 

 

たぶん、あのときがランナーズハイの初体験でした。

 

まだまだ走っていたいとさえ思った記憶があります。

 

 

なぜ、限界の先にランナーズハイが?

2016-07-09_222408

 

 

ランナーズハイは、ひとことで言うと苦痛を和らげる脳内麻薬物質である【エンドルフィン】による作用であるとされています。

 

つまり、モルヒネのような物質が分泌されることで苦痛を感じなくなるのです。

 

 

人間の体内にあらかじめ麻薬物質が存在していることも驚きですが、それほどマラソンが身体に苦痛を与えるケースもあるのだと改めて感じます。

 

 

もちろん、トレーニングを積んでいくにつれ走力や筋力も高まり、フルマラソンの完走経験も増えるとその負荷は軽くなって、ランナーズハイを体験することもなくなるかもしれません。

 

 

しかし、オーバーペースや体調不良などの状態で走っているときには遭遇する可能性がありますね。

 

これまでに感じていた脚の痛みや疲労がスッと消えてしまうこともあるので、ランナーにとっては神様からのご褒美とも思える瞬間でしょう。

 

 

ランナーズハイの出現はコントロール出来るのか?

2016-07-09_222846

 

 

持論ですが、おそらくコントロールでき得るものではないでしょう。

 

自らの生体がその状態を苦痛や痛みの限界と感じたときに、脳からの指令で出てくるわけですから複雑な状況が揃わないと自在に操ることは困難だと思います。

 

 

しかしながら、背中に20kgくらいの重りを背負って走っていたのが、重りを外した状態で走るようなものですからランナーにとっては大歓迎なものであることは間違いなさそうです。

 

 

ランナーズハイをコントロール出来ないにしても、そのくらいの極限状態まで粘り強く走り続けることが唯一の近道なのでしょう。

 

つまり、どうやってでもメンタルコントロールを駆使していく能力が必須とも言えるのです。

 

 

限界が来るその手前で諦めてレースを止めてしまっては、ランナーズハイには永遠に遭遇することはないと思います。

 

 

まとめ

2016-07-09_223812

 

 

ランナーズハイは、メンタルコントロールによって何とか走り続けてきたものの、「もう無理だ、限界だ!」というくらいの局面で顔を出すものであり、遭遇すれば気持ちよく走れるということがお解りいただけたかと思います。

 

 

マラソンやっているうちに一度でも経験すると、再び会いたいがために頑張るといういい連鎖も出来てくるかもしれませんよ。

 

苦痛の先に、そんな快感を得られる世界が待っているのなら諦めそうになってももう少し頑張ってみよう!という意欲に繋がりそうです。

 

 

もちろん、無理は禁物ですが、ランナーズハイ未経験の方はあなたが諦めようとしたその先まで覗いてみてくださいね。

 

 

 


Sponsored Link

 

この記事に関連する記事一覧

ライター情報



走りのプロとして、また同じランナーとして自身の経験や日々の指導現場からのフィードバックを活かし、あなたにとってお役に立つ情報を発信しています。

⇒プロフィール詳細はこちら
人気記事Rank!
カテゴリー
最新記事
 
OCO注文