ランニングの知っ得情報『ランシル!』 » ランニングの効果 » ランニングは朝?夜?走る時間帯で違う気になる効果とは・・・?

ランニングは朝?夜?走る時間帯で違う気になる効果とは・・・?

読了までの目安時間:約 7分

2015-09-01_215503

 

 

ランニングが習慣化されてくると走る時間を確保することも大切になってきます。

 

走れるようになればなるほど時間も多く必要です。

 

 

多くの方は朝ラン、夜ランどちらかで走っていることと思いますが、走る時間帯に置ける特徴と注意点をまとめてみました。

 

 

朝ランのメリット

 

2015-09-01_215638

 

 

ダイエット効果が高い

朝食前の早朝は、エネルギー源である糖質・脂肪のうち脂肪が優位に燃焼されやすい状態になっています。

 

通常であれば、糖質から先に使われてその後に脂肪がメインとなるのですが、朝食前のランニングでは走
りはじめから脂肪燃焼効果が高く、同じ時間走るのであればダイエット効果も高いのです。

 

 

空気がきれい

まだ気温が低い早朝は大気中にごみやチリが浮遊しずらいため、きれいな空気を吸い込みながらランニン
グが出来ます。

 

また一般に車の数も少ないのでよりきれいな状態です。

 

ランニングはたくさんの酸素を吸い込む有酸素運動ですから、少しでもキレイな空気を吸えるのは大きなメリットです。

 

 

体内時計がリセットされる

早朝にランニングを行うことで脳が目覚め、身体を動かすスイッチを入れてくれます。

 

それにより、朝から心身ともに健全な状態で1日をスタートできるのです。

 

不規則になりがちで体調を壊しやすい人は朝ランでリズムをリセットするのもいいですね。

 

 

時間を確保しやすい

夜は急な用事や残業などで予定通りに行かないことが多いものです。

 

それに対して早朝は誰にも邪魔されにくいプライベートタイムですから上手に使うことで計画的なランニングも可能になるでしょう。

 

 

朝ランのデメリット

2015-09-01_215847

 

 

身体が覚醒していないため高負荷である

朝目覚めてすぐは身体も硬く動きにくいため、ストレッチなどを十分にしてあげる必要があります。

 

そのため少し時間をとられてしまうことがあげられます。

 

しかしながら、身体がある程度、順応してしまえば高負荷な環境でトレーニングできるのでメリットにもなりうる部分です。

 

 

長時間のランニングは困難

仕事に行く前の早朝に走る方も多いと思います。

 

必然的に時間が限られるので比較的長い距離を走ったりという練習には向きません。

 

かといって早起きしすぎると日中へ悪影響があるかもしれませんので、時間の制約はかかります。

 

 

夜ランのメリット

2015-09-01_220045

 

 

ストレス解消効果が高い

1日の仕事や行事が終わってから走れば、気分も開放されて気持ちよく走ることが出来るでしょう。

 

また日中あった嫌な事やストレスも汗と一緒に流してしまえる効果もあります。

 

 

時間の制約が少ない

個々人にもよりますが、2時間走ろうというような目標も朝に比べて組みやすいでしょう。

 

そして適度な運動は心地よい疲労へとつながり、快眠へ導いてくれます。

 

走った後のビールがおいしいというのもメリットになりうるでしょうか?

 

 

集中しやすい

暗い夜になると、場所にもよりますが視界が限られてきます。

 

そのことは走るということへ集中するいい機会となり、フォームのチェックなどもやりやすいでしょう。

 

 

ウォーミングアップが軽くてよい

1日動いて回っているので、身体もほぐれており体温も高い状態です。

 

朝ほど入念なウォーミングアップをしなくても走り始められるのもポイントです。

 

 

夜ランのデメリット

2015-09-01_220231

 

 

接触事故に注意

特にダーク色のウェアなどを着ていると、車などから気付かれにくいので危険な場合があります。

 

ランニング専用のウェアやシューズには反射板を使っているものも多いですが、なるべく明るい目立つ色のウェアを着用することでリスクを軽減させられると考えられます。

 

 

身の安全に注意

特に女性ランナーにおいては、あまり夜遅くまで走っていると治安の問題も考慮しないといけないでしょう。

 

人気のない場所を通ることを避け、人通りの多いコースを選ぶなどの工夫が必要です。

 

 

まとめ

2015-09-01_220426

 

 

朝ラン、夜ランそれぞれにメリット、デメリットをあげてみました。

 

ご自身のライフスタイル、生活時間に合う時間で走るのはもちろん、目的別に走る時間を変えても良さそうですね。

 

 

いずれにしても、ランニングは心身の健康のために行っているという前提に立てば、しっかりと時間を確保して有効なランニングを楽しむことが何より重要です。

 

朝ラン、夜ランあなたはどちらですか?

 

 

 


Sponsored Link

 

この記事に関連する記事一覧

ライター情報



走りのプロとして、また同じランナーとして自身の経験や日々の指導現場からのフィードバックを活かし、あなたにとってお役に立つ情報を発信しています。

⇒プロフィール詳細はこちら
人気記事Rank!
カテゴリー
最新記事
 
OCO注文